自分探しのために感じたことをします。

Myself

Jリーグ

【ACLアジアチャンピオンズリーグ】浦和レッズ 上海上港を破って決勝進出

投稿日:

こんにちは、サラリーマンFCオーナーのけんちです。

🇯🇵浦和レッズ🇯🇵がやってくれました。中国の上海上港を破ってACLでJリーグ勢として、

2008年のガンバ大阪以来、浦和レッズ自身2007年以来の決勝進出が決定!!

Embed from Getty Images

1st LegはAWAYで1−1の引き分け

前半の15分にフッキに強烈な弾丸シュートで先制されたが、前半27分に柏木が同点ゴールを決めた。終始、上海上港の猛攻が続いたが

浦和レッズは守りきり、AWAY戦で1−1の引き分け。これで浦和レッズが優位にたった。

上海上港監督のアンドレ・ヴィラス=ボアスもまさかのドロー&アウェイゴールを奪われたことを悔いていた。

2nd Leg HOMEでサポーターが強烈にレッズイレブンを後押し

平日にもかかわらず、埼玉スタジアム2002は4万5000人の満員!!

先制点は浦和レッズ

前半11分にラファエル・シルバが柏木のCKを頭で合わせ、先制!!!

浦和レッズ勝利

2nd Legも終始、上海上港が攻めていたが、浦和レッズは堅守速攻を貫き、勝利を収めた。

MOMは阿部勇樹。

視察に来ていたハリルホジッチも牧野と遠藤の守備を絶賛。

「ポゼッションでは上海上港のほうが上回っていたでしょう。ただ、浦和は全員で守り切ることで、相手に決定的なチャンスを作らせなかった。特に槙野(智章)、遠藤(航)のプレーは素晴らしく、遠藤はほぼすべてのデュエルに勝利していました」

引用元:サッカーダイジェストWeb

対戦相手の上海上港のフッキも阿部勇樹と浦和レッズを称えた。

◆上海上港・フッキ 

阿部がいいプレーをしていた。浦和はアジアの中で非常に強いチーム。チャンピオンになってほしい。

引用元:日刊スポーツ

まとめ

浦和レッズは10年ぶりにACLの決勝の舞台に立つ。

決勝の相手は🇸🇦アル ヒラル🇸🇦。

1st Leg 2017年11月18日

2nd Leg  2017年11月25日

頑張れ浦和レッズ!!!!勝って、クラブ・ワールドカップだ

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-Jリーグ

Copyright© Myself , 2018 All Rights Reserved.