自分探しのために感じたことをします。

Myself

エディット

【神データ・ウイニングイレブン2018】ラ・リーガ、プレミアリーグインポート方法

更新日:

こんにちは39歳遅咲きのサラリーマンブロガーけんちゃんです。

ウイニングイレブン2018が発売されて、3日が経過しました。みなさんプレイしていますか?my clubやっていますか?

いやーmy clubめちゃおもろいですね。全く勝てませんが何か?(;一_一)

そんなことより、発売3日目にしてもうあれが配信されています。

ウイニングイレブン「ライセンス問題」

ウイニングイレブンといえば、『ライセンス』問題がありますよね。まぁライバルの『FIFA』がFIFAなんで超公式なんで仕方ありませんが。

超有名チームが『〜〜ブルー』だったり、『○○ブラック・ホワイト』だったりちょっと残念ですよね。

もうあれが配信されたんです。

そうあれです。『神データ』です。発売3日目にして『ラ・リーガ』と『プレミアリーグ』の神データが配信されていました。

管理人のDankichiさん@Dankichi_WEPES、いつもありがとうございます。

僕が行ったインポート方法をご紹介します。

スポンサードリンク



インポート方法

①データをダウンロードする

準備物

  1. パソコン
  2. USB

PCのブラウザでこちらにアクセスしてください。

PES Japan -ウイイレ神データ無料配布所-

ダウンロードはこちらというのがあるのでダウンロードしてください。

2017年9月16日時点で

プレミアリーグ

ラ・リーガ

※追記1:2017年9月17日時点で

セリアA:ユベントス

リーガNOS(ポルトガルが追加)

大会名の追加

※追記2:2017年9月21日時点で

セリエB

ブンデスリーガ

が追加されています。

※追記3:2017年9月26日時点で

リーグ1&2

エールディヴィジ

の監督画像、監督名、スタジアム名、ライバルチーム、横断幕を修正したデータが追加されています。

※追記4:2017年10月3日時点で

Liga MX(メキシコ) 

セリエB  Ver2.0

ラ・リーガ2

が追加されています。パチューカでも遊べます。

リーガNOS(ポルトガルが追加)、チャンピオンシップ(イングランド2部) ※WEYS PLAY様公開中

※追記5:2017年10月11日時点で

ナショナルチーム全81チームを修正したインポートデータver.1.0が公開されました。

※追記6:2017年10月19日時点で

ナショナルチームインポートデータver.2.0

クラシックスインポートデータ

アジアナショナルインポートデータ あのザッケローニがUAEの監督に

その他(ヨーロッパ)インポートデータが公開されました。

すごく細かいところまでインポートすることができます。今作は半端なく遊べます。マジDankichiさん、WEY PLAYさんに感謝ですね。

②PC上でZIPファイルを解凍してください。

ラ・リーガフォルダ

WEPESというファイルがあるのでUSBへコピーしてください。

②チーム名のインポート

準備物

  1. PS4
  2. USB

PS4の電源を入れてください。USBを差し込んでください。

ウイニングイレブン2018を起動させてください。

Winning Eleven 2018(1)

EXTRAS→エディットを選択してください

Winning Eleven 2018(2)

エディットメニューからデータ管理を選択してください。

Winning Eleven 2018(3)

インポート / エクスポートからチームインポートを選択してください。

Winning Eleven 2018(4)

先程のUSBにWEPESというフォルダがあれば、その中の.tedファイルが読み込まれてこの画面に表示されます。

僕の場合、._xxxx.tedというファイルがあってこれは読み込めないファイルなので『._がないファイルをすべてチェックしてください』

詳細設定を選択してください。

Winning Eleven 2018(5)

なにもチェックをいれずにOKでインポート開始します。

完了まで放置してください。それでチームのインポートは完了です。

ブンデスリーグ ※存在しないチームをインポートする場合

※ブンデスなどの存在しないチーム、偽名選手のいるチームなどのインポートの場合は、『選手情報、在籍情報を適用する』にチェックを入れてインポート開始してください。

さらにブンデスリーガの注意点がツイートされていたのでリンクおいています。

ブンデスリーグの場合

選手情報、在籍情報を適用する。に✔を入れてください。

OKを押してインポート開始してください。

ブンデスリーグ出場チームを調整

次にブンデスリーグに出場するチームを調整します。リーグ名については、③を参照してください。出場チーム編成を選択

チーム数を変更

ブンデスリーグは18チームなので、20チームから18チームに変更します。

チーム入れ替え

その他ヨーロッパのところに、

  • ドルトムント
  • ブレーメン
  • ヴォルフスブルク
  • シャルケ
  • ライプツィヒ

があるので、ブンデスリーグ内の架空チームと入れ替えてください。以上で完了になります。

③リーグ名のインポート

次にリーグ名をインポートします。スペインリーグという偽名とフラッグを入れ替えます。

Winning Eleven 2018(6)

インポート / エクスポート→大会インポートを選択してください。

あとはチームインポートと同じように進めれば、リーグ名・リーグフラッグインポート完了です。

プレミアリーグもやり方は同じです。僕は、一気にUSBにデータを入れずにラ・リーガとプレミアを別々に入れてインポートしました。

こんな感じです\(^o^)/

やっぱり、レアル・マドリーが偽名ではさびしいですよね。テンションが上りません。でもこれだとどうですか?

Winning Eleven 2018(7)

ラ・リーガ サンタンデール 本物です。くぅぅ

Winning Eleven 2018(8)

ジネディーヌ・ジダン監督です。レアル・マドリー、ホームスタジアムはサンチャゴ・ベルナベウです。\(^o^)/

Winning Eleven 2018(9)

ユニフォームもバッチリですね。めちゃカッコイイです。2nd, 3rdユニフォームそして、ゴールキーパーユニフォームも完璧でしたよ。

さいごに

これならウイニングイレブン2018もテンションMAXで遊べますよね。

偽名だとつまらないマスターリーグも実名になるだけで100倍楽しくなります。神データ取り込み後のマスターリーグ記事はこちら

【ウイイレ2018】マスターリーグけんち監督の栄光(1)

他のリーグのアップロードの情報などは管理人のDankichiさん@Dankichi_WEPESがツィートしてくれていますので要チェックです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-エディット

Copyright© Myself , 2018 All Rights Reserved.