自分探しのために感じたことをします。

Myself

Mac 起業

さよならiMac late2013

投稿日:

こんにちはサラリーマンFCオーナーのけんちです。

僕がiphoneとiPadは持っていたが、Apple製品と強く意識して好きなったのはこのiMac late2013でした。2017年11月このiMacとお別れをするときがきました。僕の挫折から復活までの紆余曲折をいつも受け止めてくれた僕にとっての最高のマシンでした。

その出会いと別れについて記事にしました。

僕のiMacのスペック

  • 21.5インチLEDバックライトモニタ
  • 2.9GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)、6MB L3キャッシュ
  • 8GB(4GB x 2)1,600MHz DDR3メモリ
  • 1TB(5,400rpm)ハードドライブ
  • NVIDIA GeForce GT 750Mグラフィックプロセッサ(1GB GDDR5メモリ搭載)

出会い

出会いは2013年の10月か11月ぐらいだったと思います。

2013年10月、僕の精神状態は最悪でした。仕事で大きな問題を抱えてしまい、病んでしまっていました。生まれて初めて心療内科に通いました。休日も平日も、体も心もしんどくてなにもしたくない日々が続いていました。

そんな時、iphone5Sの調子が悪くなり、唯一の楽しみだったパズドラができなくなり、仕方なく外へ出かけ、Appleの正規代理店へ出かけた。

松山市にあるELP松山営業所。当時この店舗は愛媛では数少ないApple製品を扱うお店で、Appleの正規修理店として、毎日賑わっていました。※今は、PC中古販売店となり、Apple製品の取扱も、修理もやっていない。

修理の順番待ちのときに、こいつ(iMac late2013)に出会いました。なんて表現すればいいんだろう。アルミの冷たいクールな雰囲気と独特の曲線美。お前が触るなんて10年早いよと言わんばかりの冷たさに引き込まれていったことを今でも覚えています。

隣にいた妻に頭を下げてこいつを買ってほしいとお願いしました。それで元気になるのならと妻はぼくにiMac late2013を買う許可をくれたのです。

買った当時のiMac late2013 フィルム付きです(笑)

嬉しくて、iPad2とiphone5C (妻のもの)とiMac late2013と並べて、iphone5Sで写真を撮りました。

iPhone アプリを作りたい

さて、iMacを買ったのはいいが何をすればいいのか、さっぱりわからない。それまでPCといえば、会社でWord, Excel PowerPointを触るぐらいで、あとはインターネットをすることしか知りませんでした。

でも、何かをしたいと本屋へ向かう自分がいました。パソコンの本を見ているとiphoneのアプリを作ろうという本がたくさんありました。

当時はObjective-Cというプログラミング言語でXcodeというソフトを使ってアプリを作成するという方法だったと思います。今はSwiftが主流になってきていますね。

本を1冊購入し、見よう見まねではじめました。

そして、僕は休日にやることを見つけ、元気を取り戻せたように記憶しています。

ですが、途中からすごく難しくなりました。ダメでした。。。どこに間違いがあるか、わからないのです。本のとおりに作っているはずなのに動いてくれない。

はい、それからほとんど触らなくなったのです。ほんの3ヶ月でした。

たまに触るときの苛立ち

写真がSDカードにたまった時にそれを保存するためにたまに、起動させていました。そのたびにイライラしました。起動するのに1〜2分かかっていました。この遅さがまた耐えられませんでした。

ついに求めていたiMacに出会う。

そんなある日、iphoneでネットを見ているとたまたま、外付けSSDでMacを起動させると爆速になるというページに出会いました。「これだ!!」

早速、外付けSDDの購入。その当時のOSはElcapitanを外付けSSDにインストールし、起動。わずか10〜20秒で起動しました。感動でした。

↓その時の手順はこちらにUPしています。↓

【iMac】外付けSSD起動にして爆速になりました。

爆速になってから、僕は急激にiMacに触る頻度が増えました。Lightroom、photoshop、Premiere ProといったAdobe製品写真管理、現像、動画編集がメインでした。

Premiere ProはAdobe Creative Cloudのプランが高額だったので挫折し、今はフォトグラファープランでLightroomとphotoshopのみです。

そして、ブログに出会う。

iphoneでよく読んでいたブログ『私は少年サッカーの毒コーチ|少年サッカーは闇の世界』の毒コーチの勧めにより、Livedoorブログでブログデビューしました。

これによりiMacを触る頻度がさらに上がりました。だれにも読まれないけど書くのが楽しい。そんな日々が続いていました。

ついに心が壊れる

しかし、2016年の12月、ついに無理していた心が壊れました。うつ病になり、休職しました。

また、iMacに触らなくなりました。1ヶ月近く、寝る。散歩する。病院に行く。でした。

2月ぐらいにようやく体が動き出して、ブログを再開しました。この時は嬉しかったです。ただ、この時ちがう気持ちが芽生えていました。外でブログを書きたい。。。

そして、僕はMacbookPro2016を購入しました。この時はまだ外ではMacbookPro2016、家ではiMacと使い分けていました。やはり1TBHDD容量+外付けSSD起動は代えがたいものがありました。

独自ドメインによるWordPressブログ

2017年5月、僕はついに独自ドメインとサーバーというネット上に土地と住所を得ることができ、紆余曲折あり、今に至ります。

僕の心の浮き沈みをiMac late2013はずっと見続けて、いや見守ってくれていました。そんなiMac late2013を今回メルカリに出品しました。

別れの時が来たのです。

妻のためにiMacを出品

妻はアクセサリー作りをやっています。そのアクセサリーの宣伝。管理をPCでやりたいといいました。

いま、妻と一緒に起業できないかと考えています。そのためには妻専用のPCが必要だと考えました。しかも、ある程度携帯性があったほうがいい。そう思いました。

そして、僕が落ち込んでいた時に買ってくれたiMacのように、妻のために僕がMacbook2017をプレゼントしました。今週には来ます。

そのための足しにするためiMacを手放すことにしたのです。

初期化されるiMac late2013

さいごに

ありがとう。iMac late2013。僕の人生でもっとも激しい浮き沈みをずーっと見守っていてくれました。でももう大丈夫。妻と一緒に前を向いて進んでいきます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-Mac, 起業

Copyright© Myself , 2018 All Rights Reserved.