自分探しのために感じたことをします。

Myself

サッカー リアルサッカー ワールドカップ

日本vsセネガル|FIFAロシアワールドカップレビュー

投稿日:

こんにちはけんちです。日本代表2戦目です。1戦目は、サランスクでコロンビアから大金星を奪った日本。波に乗って、このままの勢いでセネガルから勝利をもぎ取ってほしい。

日本は勝てば、次の試合の試合結果次第で予選突破が決まる。しかし、セネガルもポーランドに2−1で勝利しており、アフリカチーム特有の身体能力+組織力の高さを見せつけた。予選突破のためには最低でも引き分けが求められる日本どこまでセネガルに対抗できるかが鍵となる一戦。

スターティングメンバー

日本のスタメンは前回と同様のシステムおよびメンバーとなる。個人的には川島が不安です。。。

システム4−2−3−1

GK 川島

DF 昌子、長友、酒井宏樹、吉田

MF 柴崎、長谷部

MF 乾、香川、原口

FW 大迫

一方セネガルは、システム4−3−3

GK C.エンディアイエ

DF クリバリ、サネ、ワゲ、サヴァリ

MF A.エンディアイエ、P.エンディアイエ、ゲイエ

FW マネ、サール、ニアン

前半

序盤はセネガルが押し気味で試合が進むか。

前半12分、GK川島が弾いたところにマネが詰めて、ゴール

・・・ほらやっぱり。あそこはしっかりキャッチングしてほしかった。

大迫、香川は比較的ラクに縦パスをもらい、さばけている。柴崎が攻守ともに中心となっている。日本は前線がポジションチェンジを行い、セネガルの守備陣を乱す動きをとっている。1戦目より香川がフリーで自由に動けている印象。低い位置でのボールまわしの参加、柴崎とのパス交換が効果的。ただ、アフリカ特有の身体能力の高さが目立つ。足が伸びるようにでて、パスをカットする場面が見られる。マネが前線へ走り込むと非常に怖い。ボールタッチが柔らかく驚異。

ただ、徐々に日本ペースになる。前半34分、柴崎が自陣のセンターサークル内から前線にフィードボールを供給、これを長友がうまく落とし(長友もアフリカ勢に負けるとも劣らない身体能力の高さ)、乾とスイッチ。乾得意の位置にドリブルで運んでシュート!!日本同点!!!

同点後も日本ペースで試合は進み、前半終了。

後半

後半の序盤、マネが前半の左サイドから中央よりで自由に動いてプレーするようになった。セネガルは前半の守備と同様で修正ができていない模様。簡単に香川、乾原口、大迫の前線が中盤でボールを受けて前を向けている。セネガルのスピードのある攻撃は健在・・・

セネガルのニアンの肘打ちが目立つ。それだけフラストレーションが溜まっている証拠。香川のパスカットから、右サイドを崩して、柴崎の最高のグラウンダーのクロスを送るが大迫が決めきれない。後半序盤は完全に日本ペース!!乾のバー直撃のシュート!!セネガルが香川へのマークを修正。セネガルのボールを奪ってからのカウンターが速い。乾がたまらずファール。乾にイエローカード。

後半20分 セネガル選手交代A.エンディアイエOUT→クヤテIN

後半25分、ワゲのゴール!!1−2

後半27分 日本選手交代香川OUT→本田IN

後半30分 日本選手交代原口OUT→岡崎IN 前線の起点を増やす。

本田の同点ゴール!!2−2

この試合はすごい試合。

後半36分 セネガル選手交代P.エンディアイエOUT→エンドイエIN

後半41分 セネガル選手交代ニアンOUT→ディウフIN

後半42分 日本選手交代乾OUT→宇佐美IN

2−2の同点で試合終了。これで日本は勝点4。

けんち的にMOMは柴崎岳。完全に日本の中盤をコントロールしていたし、攻守のハードワークも献身的だった。

日本の予選リーグ突破の条件は次の通り、

2度のリードを許しながらも2度追いつくことができ、粘り強さを見せてくれた。しかし、決めるチャンスも何度かあり、勝てた試合だったかもしれない。次のポーランド戦ぜひ勝利で予選リーグ突破してほしい。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-サッカー, リアルサッカー, ワールドカップ

Copyright© Myself , 2018 All Rights Reserved.