自分探しのために感じたことをします。

Myself

ワールドカップ

ロシアワールド杯の出場国が続々と決まる

投稿日:

こんにちは39歳遅咲きのサラリーマンブロガーけんちゃんです。

2018年ロシアワールドカップの出場国が10月上旬に一気に23カ国決まって決まりました。

予想通りの強さを発揮した国、滑り込みセーフだった強豪国、初出場国、まさかの敗退国、ワールドカップ予選はドラマがあります。

23カ国が決定※2017年10月11日時点

ヨーロッパ

今回出場を決定させた国

Embed from Getty Images

 

  • 🇷🇺ロシア   (開催国/2大会連続11回目)
  • 🇫🇷フランス  (6大会連続15回目)
  • 🇵🇹ポルトガル (5大会連続7回目)
  • 🇩🇪ドイツ   (17大会連続19回目)
  • 🇷🇸セルビア  (2大会ぶり12回目)
  • 🇵🇱ポーランド (3大会ぶり8回目)
  •  イングランド(6大会連続15回目)
  • 🇪🇸スペイン  (11大会連続15回目)
  • 🇧🇪ベルギー  (2大会連続13回目)
  • 🇮🇸アイスランド(初出場)

ドイツは全勝でヨーロッパ予選を通過。スペイン、ベルギーも順当といったところか。ポルトガルは第1節でスイスに0−2で敗戦しており、第9節まで全勝だったスイスと最終節で激突した。こんどはポルトガルがスイスを2−0で撃破し、勝ち点が並ぶ。得失点差でポルトガルが勝り、出場を決めた。わずか1敗で2位のプレーオフになったスイスはちょっと気の毒だった。

出場国が32カ国に拡大された1998年フランスワールドカップ以降、1敗で2位プレーオフになった前例はない。

引用元:SANSPO.COMより抜粋

アイスランドが初出場を決めた。アイスランドは33万人の小国ながらEURO2016でベスト8の快挙に引き続き、ワールドカップ初出場という快挙を成し遂げた。

この時点で、敗退した主な国

  • 🇳🇱オランダ
  •  ウェールズ
  • 🇹🇷トルコ
  • 🇺🇦ウクライナ
  • 🇨🇿チェコ
  • 🇸🇰スロバキア

やはり、オランダの敗退は、驚きと僕個人すごく好きな国なので残念でならない。これを気にロッベンが代表引退も発表している。

EUROベスト4のウェールズも敗退が決定。ガリス・ベイル、アーロン・ラムジーを擁して60年ぶりのワールドカップ出場を狙ったが叶わなかった。

プレーオフの日程と参加国

プレーオフは2017年11月9日〜11日、12日〜14日に行われる。

プレーオフの選抜方式は、

グループリーグ各組2位のチームのうち、成績上位の8チームを2チームずつ4組に分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が本大会出場権を得る。 なお、グループリーグ各組2位のチームの成績を比較する際、6チームが属するグループのチームについては、チーム数を合わせて比較するため、当該グループの最下位チームとの対戦戦績を除外する。

引用元:wikipediaより抜粋

このため順位は以下の通りとなり、最下位のスロバキアは敗退となる。

チーム
B 🇨🇭スイス 8 7 0 1 18 6 +12 21
G 🇮🇹イタリア 8 5 2 1 12 8 +4 17
E 🇩🇰デンマーク 8 4 2 2 13 6 +7 14
I 🇭🇷クロアチア 8 4 2 2 8 4 +4 14
A 🇸🇪スウェーデン 8 4 1 3 18 9 +9 13
C  北アイルランド 8 4 1 3 10 6 +4 13
H 🇬🇷ギリシャ 8 3 4 1 9 5 +4 13
D 🇮🇪アイルランド 8 3 4 1 7 5 +2 13
F 🇸🇰スロバキア 8 4 0 4 11 6 +5 12

南米

Embed from Getty Images

出場国は

  • 🇧🇷ブラジル  (21大会連続21回目)
  •  ウルグアイ (  3大会連続13回目)
  • 🇦🇷アルゼンチン(12大会連続17回目)
  • 🇨🇴コロンビア (  2大会連続  6回目)

南米予選は1位で出場決定したブラジル以外は混戦でどこが決定してもおかしくない状況で、特にアルゼンチンは当確線上で敗退の危機を迎えていたが、最終節でメッシが爆発した。

まさに圧巻だった。メッシのハットトリック。これぞ神の子と言わんばかりの活躍。これまで代表では実力を発揮できずに、地元メディアとも険悪なムードだったが、ここ一番で最高のパフォーマンスを見せてくれた。

混戦の中、チリがワールドカップに出場することが叶わなかった。チリはコパ・アメリカで2連覇を達成したが、長期にわたるワールドカップ予選となるとやはり別物なのだろうか。

2位以下が混戦ということで、最終戦がブラジルという点も不運だったのかもしれない。

最終予選の順位

チーム
1 🇧🇷ブラジル 18 12 5 1 41 11 +20 41
2 🇺🇾ウルグアイ 18 9 4 5 32 20 +12 31
3 🇦🇷アルゼンチン 18 7 7 4 19 16 +3 28
4 🇨🇴コロンビア 18 7 6 5 21 19 +2 27
5 🇵🇪ペルー 18 7 5 6 27 26 +1 26
6 🇨🇱チリ 18 8 2 8 26 27 -1 26
7 🇵🇾パラグアイ 18 7 3 8 19 25 -6 24
8 🇪🇨エクアドル 18 6 2 10 26 29 -3 20
9 🇧🇴ボリビア 18 4 2 12 16 38 -22 14
10 🇻🇪ベネズエラ 18 2 6 10 19 35 -16 12

 

ペルーが大陸間プレーオフ出場となり、オセアニア代表のニュージーランドと対戦することが決定した。

日程は2017年11月6日と14日になる。

北中米カリブ海

アメリカが出場を逃す波乱

  • 🇲🇽メキシコ (7大会連続16回目)
  • 🇨🇷コスタリカ(2大会連続5回目)
  • 🇵🇦パナマ  (初出場)

パナマが今回初出場を果たした。最終戦のゴールが物議をかもしているが、パナマはワールドカップ出場を祝して翌日?休日になった。

今回は、7大会連続で出場していたアメリカが、出場を逃すという大波乱が起こった。

最終予選の順位

チーム
1 🇲🇽メキシコ 10 6 3 1 16 7 +9 21
2 🇨🇷コスタリカ 10 4 4 2 14 8 +6 16
3 🇵🇦パナマ 10 3 4 3 9 10 -1 13
4 🇭🇳ホンジュラス 10 3 4 3 13 19 -6 13
5 🇺🇸アメリカ 10 3 3 4 17 13 +4 12
6 🇹🇹トリニダード・トバゴ 10 2 0 8 7 19 -12 6

 

プレーオフにはホンジュラスが参加することになった。アジアプレーオフ出場決定戦でシリアと死闘を制したオーストラリアとの対戦になる。

プレーオフは2017年11月6日と14日に行われる。

アフリカ

Embed from Getty Images

3次予選は、20チームを5組に分け、ホーム・アンド・アウェーでの2順の総当たり戦(各チーム6試合ずつ)を行う。各組1位チームが本大会の出場権を獲得する。

引用元:wikipediaより抜粋

現在、グループB、グループEの1位が決定している。

  • 🇳🇬ナイジェリア
  • 🇪🇬エジプト

残り3枠は2017年11月11日に決定する。

アジア

Embed from Getty Images

アジアは、我らが日本、サウジアラビア、イラン、韓国が出場を決めた。

2017年10月5日、10日にプレーオフ決定戦(4次予選)が行われた。

シリア vs オーストラリア

第1戦:1 − 1 

第2戦:1 − 2 (延長)

まさに死闘としか言いようがない。素晴らしい試合だった。

まとめ

23カ国が決まりました。来月11月についにすべての出場国が決定します。めっちゃ楽しみです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ワールドカップ

Copyright© Myself , 2018 All Rights Reserved.