自分探しのために感じたことをします。

Myself

Jリーグ

J2第28節、V・ファーレン長崎がアビスパ福岡に競り勝つ。

更新日:

こんにちはけんちゃんです。

J2第28節のアビスパ福岡vsV・ファーレン長崎の試合は、オウンゴールのみのゴールでしたが、0−1でV・ファーレン長崎が勝ちました。僕は愛媛住みの長崎出身でして、この2つのチームは特にファンというわけではありませんが、応援しています。湘南ベルマーレとアビスパ福岡のほぼ2強の中、V・ファーレン長崎がなんとか足止めをしてくれました。

長崎は第28節現在で勝ち点47、14勝5分け9敗、得失点差4、得点34、失点30の5位につけています。2位のアビスパとは勝ち点差8といったところです。上には名古屋グランパス、徳島ボルティスがいますが、勝ち点差はほとんどないので、このまま食らいついていってほしい。

V-ファーレン長崎の歴史(wikipediaより)

毎度毎度Wikipediaからの抜粋ですみません。

2004年、有明町(2006年1月に島原市に編入)で活動していた「有明SC」と国見高校サッカー部OBを中心に結成された「国見FC」が統合した「有明SC」が前身。2004年、長崎県サッカーリーグ1部で優勝。また、九州各県リーグ決勝大会でも準優勝して九州リーグ昇格を決めた(決勝はFC琉球に敗退)。

2005年、元サッカー日本代表の高木琢也がテクニカル・アドバイザーに就任。また、同年より「V・ファーレン長崎」へ改称した。

2006年、クラブの運営法人を特定非営利活動法人(NPO法人)の「V・ファーレン長崎スポーツコミュニティ」から「株式会社V・ファーレン長崎」へ移行。九州リーグで初優勝し、全国社会人サッカー選手権大会(以下全社)も優勝した。全国地域サッカーリーグ決勝大会は決勝ラウンド3戦3敗の成績で最下位に終わった。

2008年九州リーグは2位。第32回全国地域サッカーリーグ決勝大会は決勝ラウンド2位(FC町田ゼルビアが優勝)の成績を収めた。12月9日、日本フットボールリーグ(JFL)の評議員会でJFLへの昇格が承認された。

2009年、Jリーグ準加盟クラブとして承認されたが、ホームスタジアムの長崎県立総合運動公園陸上競技場の改修(2010年7月から3年間、第69回国民体育大会の開催に伴う)時期の代替スタジアムの目処が無いことなどより、2010年度のJリーグ入りを断念した。

JFLリーグ戦は開幕から低迷し、6月4日付で東川を監督より解任。後任の大久保毅も6月30日に辞任したため、岩本文昭が監督代行を務めた後、7月22日に監督に就任したが、JFLリーグ戦は11位の成績に終わった。天皇杯は2回戦で横浜F・マリノスに敗退した。

2012年、2013年のJリーグクラブライセンスについて、条件付きながらJ2ライセンスが交付された(2013年シーズン開幕までにスタジアムが供用開始できること及びJ2入会審査に合格すること)。

11月11日、JFL初優勝が決定。11月12日のJリーグ臨時理事会で正式にJリーグへの入会が承認され、2013年シーズンからのJ2参加が決定した。

引用元:wikipediaより抜粋

前身のチームは国見高校サッカー部のOBで形成されていたんですね。長崎県のサッカーといえば、国見高校がやっぱり有名ですよね。普通の公立高校なんですが、各県から小嶺監督のもとでサッカーがしたいと来るほどの強豪でした。

有名な選手では、

高木琢也、永井秀樹、都筑龍太、大久保嘉人、徳永悠平、平山相太などなどもっとたくさんいますね。

大久保嘉人に関しては、言うまでもなくJリーグ得点王かつJ最多得点記録保持者として、今も大活躍。

そして、小嶺監督の秘蔵っ子といえば、V・ファーレン長崎の現監督である高木琢也(5年目)ですよね。現役時代はアジアの大砲と言われた脅威のFWでした。

高田社長

そう今年はV・ファーレン長崎は負の歴史を作ってしまった年でもあると思います。観客数水増し問題。前社長は責任をとって退任しました。このような危機的状態にジャパネットタカタの前社長高田さんが立ち上がってくれましたね。これは、相当な強みになると思います。小さいカメラ屋さんを一代で通販業界トップに立ち上げた人ですからね。

この水増し問題に対して、ものすごく真摯に取り組んでおられます。このまま、V・ファーレン長崎の経営状態を立て直して頂きたいです。

最後に

今季のVファーレン長崎はファンマを1トップにおいて、引いて守ってのカウンターサッカーです。正直J1ではなかなか通用しないサッカーだと思います。長崎は過去静岡に次ぐサッカー王国だったと思います。特に高校生の若い世代が非常に優秀な選手が多かったと思います。育成年代をしっかり育てて、地元の選手がV・ファーレン長崎を導いてくれることを願っています。頑張れ!!

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-Jリーグ

Copyright© Myself , 2018 All Rights Reserved.