自分探しのために感じたことをします。

Myself

サッカー リアルサッカー ワールドカップ

FIFAロシアワールドカップ2日目のレビュー

更新日:

エジプトvsウルグアイ

ウルグアイが頭一つ抜けた感があるAグループ。28年ぶりの出場となるエジプトがどこまでウルグアイを苦しめることができるでしょうか?

エジプトのモハメド・サラーとウルグアイのスアレス、新旧のリヴァプールエース対決が楽しみな一戦だがチャンピオンズリーグで右肩を負傷したサラーは出場なるか?

ヒメネスの豪快なヘディング!!1 - 0で辛くもウルグアイが勝利!!

Embed from Getty Images

モハメド・サラーはベンチスタート。一方スアレスはスターティングメンバーに名を連ねた。

システムはエジプト4−2−3−1、ウルグアイは4−4−2。

後半5分、エジプト:8ハメド負傷交代OUT→5モルシーIN

後半12分 ウルグアイ:8ナンデスOUT→5サンチェスIN、10アラスカエタOUT→7ロドリゲスIN

右サイドと左サイドの選手を交代。

後半18分エジプト 9モフセンOUT→11カーラバIN

攻め続けるウルグアイと守るエジプトという状況が続く。なかなかエジプトの堅い守備をこじ開けることができない。

ウルグアイの守備もゴディンとヒメネスが安定している。

ウルグアイは攻め続けているがサイドバックの攻撃参加が遅いため、すばやい攻撃ができない。カバーニの旨さとスアレスの突破がうまく噛み合わない状況が続き得点ができない。

エジプトも後半30分以降カウンターによる攻撃で反撃するが、得点ができない。

後半35分 カバーニの強烈なシュートを代表4試合目のエルシャナウィがビッグセーブ!!

後半36分 エジプト 22ワルダOUT→14ソブヒIN

後半42分 ウルグアイ 15ヴェシーノOUT→14トレイラIN

カバーニのFKはポスト直撃でゴールならず。後半44分にセットプレーからヒメネスのヘディングでようやくゴール!!!

ウルグアイがそのまま1点を守り切り、勝利。

モロッコvsイラン

Embed from Getty Images

両チームとも中盤にアンカーを置く4−1−4−1のフォーメーション。モロッコの左サイドはハキミとアリットの若い二人を配置。イランはFWのアズモンにボールを預けるカウンター主体の攻撃がハマるかがカギ。

最後までディフェンスで集中できたイランの我慢勝ち

序盤はモロッコがペースを握る。右サイドから積極的に攻撃を仕掛ける。イランは我慢の時間。引いて守る時間帯が続く。ロングボールをアズモンに入れるがなかなかつながらない。

攻め続けるモロッコだが、点が入らず、徐々にイランペースへ。カウンター主体でアズモンにボールが収まり始める。

前半は18分がモロッコ、42分にイランが決定機を迎えるが点を決めることができない。アズモンとユベントスのベナティアのマッチアップが面白い。

後半は拮抗した状況が続く。後半アディショナルタイム、セットプレイから途中出場のブタイプのオウンゴールでイランが得点!!

イランの集中力が最後まできれることなく我慢勝ち。イランのは20年ぶりのW杯勝利。アジア勢は南アフリカ大会以来の8年ぶりの勝利。

ポルトガルvsスペイン

Embed from Getty Images

争点を上げればキリがない大勝負。注目はRマドリー対決。功のクリスティアーノ・ロナウドvs守のセルヒオ・ラモスのマッチアップが楽しみ。

試合は壮絶な打ち合いとなった。

ポルトガルは4−4−2。スペインは4−3−3のフォーメーション

前半2分クリスティアーノ・ロナウドがPA内左にドリブルで切り込みPKを獲得。前半4分にクリスティアーノ・ロナウドがPKを決める!!

スペインはパスを回すポゼッションサッカー対するポルトガルはカウンターを主体とした攻撃。前半23分ロングパスをジエゴ・コスタがうまく収め、DF二人をうまくかわして、左隅にゴールを決める!!1−1同点。スペインは流れが悪い中で点を決めることができた。

前半43分ゴール正面でボールを受けたクリスティアーノ・ロナウドが力強いシュートでデヘアの手を弾き飛ばすゴール!!2点目。2−1

後半10分ジエゴ・コスタがセットプレーの折返しを押し込む!!2点目2−2で再び同点。後半13分、ナチョのPA外からの豪快なビューティフルボレーでついにスペインが逆転!!2−3

両チームの選手交代は以下の流れ。

後半22分ポルトガル:ブルーノ・フェルナンデスOUT→ジョアン・マリオIN

後半23分スペイン:イニエスタOUT→チアゴ・アルカンタラIN

後半23分ポルトガル:ベルナルド・シウバOUT→リカルド・クアレスマIN

後半32分スペイン:ジエゴ・コスタOUT→イアゴ・アスパスIN

後半35分ポルトガル:ゴンサロ・ゲデスOUT→アンドレ・シウバIN

後半41分スペイン:ダビド・シウバOUT→ルーカス・バスケスIN

縦パス一本でクリスティアーノ・ロナウドがうまく収め、ピケのファールを誘い、20mのFKを獲得。後半43分、クリスティアーノ・ロナウドが縦回転の落ちるボールで壁を越えてゴールを決める!!3−3で再び同点。

そのまま、タイムアップ。ポルトガル、スペインの大勝負は点の取り合いとなり、結果は引き分け。

スペインのパス回し、個々のテクニックは圧巻としか言いようがなかった。ポルトガルも自陣に全員が引いてしっかり守ったが、スペインのポゼッションサッカーの凄さを改めて知った。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-サッカー, リアルサッカー, ワールドカップ

Copyright© Myself , 2018 All Rights Reserved.