自分探しのために感じたことをします。

Myself

サッカー リアルサッカー ワールドカップ 未分類

FIFAロシアワールドカップ4日目レビュー

投稿日:

こんにちはけんちです。ワールドカップ4日目のレビューです。ドイツvsメキシコ、ブラジルvsスイスの一戦です。ブラジル、ドイツの優勝候補2カ国の戦い方に注目です。

ドイツvsメキシコ

ドイツは今大会は、連覇のかかる大会。一方メキシコは、ドイツにW杯で過去3回対戦しているが勝利がない。

フォーメーションは、ドイツ4−2−3−1、メキシコ4−2−3−1。

前半15分までの状況は、

キミッヒの右サイドの攻撃が強力。キミッヒの展開力。メキシコのカウンターが速い。個人技が高いハビエル・ヘルナンデスが中心でカウンターを仕掛ける。

どちらとも慎重な立ち上がりに見える。

ドイツのポゼッションvsメキシコのカウンター

前半30分までの状況。ドイツの攻め手がない状態。メキシコが徐々にペースを掴む。

縦パスがだせないドイツ。

ボール保持率ドイツ55%、メキシコ45%

前半35分メキシコカウンターからの先制!!ロサノがノイヤーからゴールを決める!!

ドイツはパス回しにも苦労しているような展開に。

メキシコの2列目、3列目の飛び出しのタイミングがいい。それによりドイツが走らされている。メキシコのリスクを犯したカウンターが効いている。

後半、徐々にドイツがメキシコのPA内に入るがフィニッシュまで行けない。一方カウンターでメキシコが反撃するという展開。

後半12分メキシコ選手交代ベラOUT→アルバレスIN

後半15分ドイツ選手交代ケディラOUT→マルコ・ロイスIN

エジル、ロイスがトップ下で並ぶ形。エジルは若干下がり目。これによりドイツの攻撃が流動的になる。

後半20分メキシコ選手交代ロサノOUT→ヒメネスIN

後半27分メキシコ選手交代グアルダードOUT→マルケスIN

マルケスは日韓W杯から5大会連続のW杯出場。

メキシコは後半20分過ぎからDFが5バック気味に

後半33分ドイツ選手交代マリオ・ゴメスIN

後半40分ドイツ選手交代ヴェルナーOUT→ブラントIN

ドイツの攻撃を守りきったメキシコがドイツに歴史的な勝利!!W杯4度目の対決で初の勝利!!

一方ドイツは黒星発進。連覇へ向けて暗雲が立ち込める。

ブラジルvsスイス

ブラジルは自国開催のW杯ドイツに歴史的大敗をして、4年。チッチ監督のもと王国名を取り戻すことができるか楽しみ。

スイス4−2−3−1で日本との親善試合からスタメンを若干変更。ブラジル4−2−3−1、攻撃陣はジェズス、ネイマール、ウィリアン、コウチーニョと超強力なタレント揃い。

前半20分にコウチーニョが得意の位置から豪快なミドルシュートを決める!!

試合全般を通して、圧倒的なテクニックとスピードで攻撃を仕掛け続けるが、数多くの決定機を外し続ける。土壇場での勝負弱さが露呈した形。一方スイスは終始攻め続けられる一方で前線にボールを入れることすら殆どできていない状況が続いた。そんな中でも数少ないセットープレーを確実に仕留めて後半5分に同点に追いついた。

試合は、ブラジルが一方的に攻め続けるが、最後までスイスが守りきり1−1の同点で試合終了。

選手交代

ブラジル

後半15分カゼミーロOUT→フェルナンジーニョIN

後半22分パウリーニョOUT→レナト・アウグストIN

後半34分ジェズスOUT→フィルミーニョIN

スイス

後半26分ベーラミOUT→ザカリアIN

後半35分セフェロビッチOUT→エンボロIN

後半42分リヒトシュタイナーOUT→ラングIN

4日目の感想

Embed from Getty Images

4日目は、ドイツが敗れるという波乱が起こった。ワールドカップはやはりランキングどおりにはいかない面白い大会だ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-サッカー, リアルサッカー, ワールドカップ, 未分類

Copyright© Myself , 2018 All Rights Reserved.